岡山写真研究会

HOMEプロフィール山上美術館写真集高人評何でも作品

岡山写真研究会やさしい写真吉備の国古跡・史跡めぐり

 

会立ち上げのきっかけは、平成71995年、山上高人谷道彦氏との出会いです。平成10年、東京を活動(個展等)の中心とする山上高人と谷道彦氏との間で、地元で写真展(グループ展)を開催することを決定。

展覧会の仕様:出品者は東京の有審査ギャラリー(ニコンサロン銀座、ニコンサロン新宿、ミノルタフォトスペース)での個展のキャリアを有する者、展示方法は個展形式(120枚以上の組み写真)、テーマは作者の居住地を撮る展。

翌平成11年、神達勝之氏、鈴木サトシ氏が加わり、第1回写真展「四人展!御津を撮る」(岡山県御津町金川・かながわSAKAGURA)開催。

最終日、写真展終了後、「岡山写真研究会」(メンバー:山上高人、谷道彦、神達勝之、鈴木サトシ)を発足。

平成123月、田辺淑子が加入、以後平成20年まで作者居住地を撮る展」を開催。この間の10年間「倉敷を撮る」展を計7回開催。

 

平成21年以降は、テーマを設定せず、年2回、「岡山写真研究会・倉敷展」(倉敷市立美術館)「岡山写真研究会・岡山展」(岡山県天神山文化プラザ)を開催。

本会のグループ展の特徴

(1)1人1530点の作品(組み写真)を展示、複数の個展を1つの会場で同時に開催する形式

(2)会や写真展のテーマを設定せず、作品内容や展示方法等自由

 

平成299月現在、会員数16。倉敷12名・岡山4名、女性5名・男性11名。

18年前・平成11年、立ち上げ当時のメンバーの資格は、東京有審査ギャラリーでの個展のキャリアを有する者。

その後、キャリアはなくてもそれと同等ないしは近い技量を持つと会員が認めた者に変更。

現在は、岡山写真研究会の在り方や作品に理解・共感ができ、組み写真に興味を有する者

かつ、グループ活動に相応しい、人間性・協調性を有する者

 

会の活動として、コミュニケーション・情報伝達はインターネットを中心に行っています。メーリングリスト(岡山写真研究会 MLOSK)、IT資料室(岡山写真研究会OSK資料室)、ホームページを設置。発足以来18年の活動の記録はホームページ(一般向け)、IT 資料室(会員用)、写真集(非売品)。

*

写真展では、倉敷市玉島北公民館やさしい写真講座(講師・山上高人)、岡山大学鹿田写真部、その他数多くの写真家を招待しました。また、会員の中には、フォトグループの代表を務め、会の運営や写真の指導を行っている者もいます。公民館の写真講座の講師を務め行政の生涯教育事業に協力している者もいます。こうした、地元写真家との交流や写真を通して地域の文化向上に貢献することも、重要な活動の1つです。

*

最近、女性が増えたことは大変うれしいことす。女性の感性は、男性には表現できないものがあります。女性独特の表現は、大いに会に好影響・好刺激を与えてくれています。そして同時に、会の明日が明るくなるような気もしています。中にはまた、初心者がいたり、スマホしか使わない者もいて、こうした人たちも新しい風を吹き込んで大きな刺激になります。会員は全員が本職を持ちながら、一方で写真をする者の集まりです。職業が違うというだけでも、物の見方や考え方は違ってきます。人が増えるだけ、職種が増えるだけ、見方・考え方・個性はより多彩となり、写真展も益々面白いものになって行くものと思っています。

最近特に会員も増えて、会として新しい方向へ向かおうとしています。この会には、作品の考え方や作り方における一定の方向性はなく、すべては作者の自由に任されています。しかし、会員に共通して大切なのは、他人の評価に惑わされることなく、自分の表現の本来のあるべき姿を守り、つまり、自分の気持ちや感覚に正直な、かといって自己本位にならない、常に純粋にアートする心を持ち続けることではないか思います。そして常に新しい写真を研究・探求し、「常に前作を超える作品を発表する」前向きな姿勢を持つことが、何より重要であろうと考えています。

次回の写真展の案内

第15回岡山写真研究会・岡山展(平成30年7月3日【火】〜7月8日【日】・岡山県天神山文化プラザ)

17回岡山写真研究会・倉敷展(平成301127日【火】〜122日【日】・倉敷市立美術館)

  会員

17

倉敷

岡本貴子、貝原裕司、小林美知子、佐々木澄夫、田辺淑子、中原貞子、西井明生

西井俊一、樋口紀典、三村聡子、森本俊生、山上高人、渡邊幸雄

岡山

神達勝之、藤原昌弘、前原耕二、守田 和

岡山写真研究会

■代表

山上高人

■事務局

岡山県倉敷市玉島爪崎225-1

TEL 086525-3686

Eメール okaken@koojin.com

事務局長 田辺淑子

過去の写真展

「御津を撮る」

(平成117月)

ギャラリー・蔵

 

「牛窓を撮る」

(平成1210月)

ホテル・リマーニ

 

「玉野を撮る」

(平成1310月)

玉野文化センター

 

「倉敷を撮る」

(平成1412月)

倉敷市立美術館

 

「倉敷を撮る2

(平成1512月)

倉敷市立美術館

 

「帰ってきた写真展」

(平成163月)

岡山県総合文化センター

 

「岡山を撮る」

(平成166月)

岡山生涯学習センター

「成羽を撮る」

(平成168月)

成羽町美術館

「倉敷を撮る3

(平成1612月)

倉敷市立美術館

「新庄を撮る」

(平成174月)

岡山県新庄村

「倉敷を撮る4

(平成179月)

倉敷市立美術館

「岡山写真研究会展2

(平成182月)

岡山県天神山文化プラザ

「岡山写真研究会展3

(平成186月)

岡山県天神山文化プラザ

「倉敷を撮る5

(平成189月)

倉敷市立美術館

「岡山写真研究会展4

(平成196月)

岡山県天神山文化プラザ

「倉敷を撮る6

(平成198月)

倉敷市立美術館

「倉敷を撮る7

(平成207月)

倉敷市立美術館

「岡山写真研究会展5

(平成207月)

岡山県天神山文化プラザ

「岡山写真研究会・岡山展6

(平成216月)

岡山県天神山文化プラザ

「岡山写真研究会・倉敷展8

(平成218月)

倉敷市立美術館

岡山写真研究会・岡山展7

(平成224月)

岡山県天神山文化プラザ

「岡山写真研究会・倉敷展9

(平成228月)

倉敷市立美術館

「岡山写真研究会・岡山展8

(平成237月)

岡山県天神山文化プラザ

「岡山写真研究会・倉敷展10

(平成2310月)

倉敷市立美術館

「岡山写真研究会・岡山展9

(平成245月)

岡山県天神山文化プラザ

「岡山写真研究会・倉敷展11

(平成248月)

倉敷市立美術館

「岡山写真研究会・倉敷展12

(平成257月)

倉敷市立美術館

「岡山写真研究会・岡山展10

(平成259月)

岡山県天神山文化プラザ

「岡山写真研究会・岡山展11

(平成264月)

岡山県天神山文化プラザ

「岡山写真研究会・倉敷展13

(平成269月)

倉敷市立美術館

「岡山写真研究会・岡山展12

(平成274月)

岡山県天神山文化プラザ

「岡山写真研究会・倉敷展14

(平成2712月)

倉敷市立美術館

 

「岡山写真研究会・岡山展13

(平成285月)

岡山県天神山文化プラザ

 

「岡山写真研究会・倉敷展15

(平成2811月)

倉敷市立美術館

 

「岡山写真研究会・倉敷展16

(平成296月)

倉敷市立美術館

 

「岡山写真研究会・岡山展14

(平成2910月)

岡山県天神山文化プラザ

■ 写真集

岡山写真研究会写真展「倉敷を撮る7」写真集(平成207月)

岡山写真研究会展5写真集(平成207月)

9回岡山写真研究会・倉敷展写真集(平成228月)

■ 写真誌掲載

日本カメラ・2000年(平成12年)10月号・クラブ誌上展

アサヒカメラ・2006年(平成18年)11月号・「写真仲間に会いに行く」

日本カメラ・2007年(平成19年)7月号・クラブ誌上展

HOMEプロフィール山上美術館写真集高人評何でも作品

岡山写真研究会やさしい写真吉備の国古跡・史跡めぐり